守る人を護る
古代から戦士の身体を防護してきた鎧。
現代も、防火衣、防寒衣や防水衣をはじめとする防護服という名の鎧が、
国民の生命、財産、秩序を守る人々を護りつづけています。

最高水準の耐熱性、耐水性、耐環境性に加え、
活動性や快適性の追及により常に一歩先を行く製品を作ること、
「守る人を護る最強の鎧を開発しつづける」
これが赤城工業の使命と考えております。