カーボン系複合繊維
CASVAN® (キャスバン®)

カーボン系複合繊維 キャスバン

キャスバン®は、赤城工業株式会社が開発したカーボン系複合繊維使用の耐炎耐熱生地です。

キャスバン® コンテンツ




キャスバン® とは?

赤城工業株式会社が開発したカーボン系複合繊維を使用した耐炎耐熱生地です。
カーボン系繊維は軽量、高強度という特徴を生かし、レーシングカーや航空機などの最先端分野に使用されている大変高価な素材です。

カーボン系繊維は高い難燃性と耐熱性を有し、耐炎耐熱防護服の素材としての利用が期待されていますが、その圧倒的な耐炎耐熱性能とは裏腹に有用性に乏しく、 衣料用の生地にした場合には機械的強度が非常に弱く繊維の脱落も激しいため、摩擦や洗濯によって生地が崩壊してしまうという大きな弱点があり、なかなか実用化には至りませんでした。

「キャスバン®」は当社が長年続けてきた研究開発の成果である革新的技術によって、それらの弱点を克服し、耐炎耐熱性、機械的強度、 しなやかな着用感、快適性、洗濯耐久性を高いレベルで融合させた世界で類をみない新素材です。


ページTOPへ戻る




キャスバン® 特徴1. 高耐熱性

キャスバン® は1000℃以上の耐熱温度を誇る

〜なぜ高い耐熱性が重要なのか?〜

  耐熱性の高さは、高熱量の火炎・輻射熱曝露による熱収縮(防火服の空気層の喪失)を防ぎ、柔軟性が維持されることで脱衣性を確保することが可能になります。 (危険事態では脱げる性能が重要です)
 また、近年に於いて、建物火災時に起こるアルミ建材の溶融滴下での防火服貫通事故やコンビナートでの化学薬品飛散による 防火服貫通事故などの人体への影響は素材の耐熱性の高さに大きく影響されます。


CASVAN キャスバン カーボン系 複合素材


ページTOPへ戻る




キャスバン® 特徴2. 熱拡散性・放熱性

キャスバン®は熱伝導率に優れ、生地表面で素早く熱が拡散します。
前方から熱を受けた場合、生地表面を熱が移動し、より温度の低い後方の空気中に放熱し、衣服内への熱の侵入を軽減します。(図1)
また、熱源が遮断されると、放熱効果により生地の温度が素早く下がり、従来の防火服素材では避けられない蓄積熱による火傷のリスクを大幅に低減します。(図2)

CASVAN キャスバン カーボン系 複合素材


ページTOPへ戻る




キャスバン® 特徴3. 耐熱収縮性

キャスバン®は高い耐熱性により、耐熱収縮性に優れます。激しく熱収縮する従来の防火服素材では避けられない衣服内空気層の喪失を防ぎ、火傷のリスクを大幅に低減します。
また、キャスバン®は、熱による収縮、炭化及び硬化が穏やかな為、危機的状況下に於いての脱衣性にも優れています。

CASVAN キャスバン カーボン系 複合素材


ページTOPへ戻る




キャスバン® 特徴4. 耐溶融金属性・耐薬品性

キャスバン®は約1500℃の溶融鉄を弾き、滴下や飛散に対し生地が消失するのを防ぎます。
また、約700℃の溶融アルミの滴下や飛散では、従来の防火服素材のように生地が消失することなく、さらには柔軟性を保ちます。

CASVAN キャスバン カーボン系 複合素材


また、キャスバン®は耐薬品性にも優れ、強酸以外の酸、アルカリ、有機溶剤に強い性質を有します。

ページTOPへ戻る




キャスバン® 特徴5. 機械的強度と柔軟性

キャスバン®は引張強度、引裂強度、耐切創性などに優れ、あらゆる状況下での使用に於いて、衣服の破損による身体への危険のリスクを低減します。
また、キャスバン®は高強度ながら柔軟性に優れ、従来の防火服のような硬さが無く、着用時の運動性の向上や疲労低減に大きな効果があります。 運動性の向上や疲労低減は、仕事の効率化や安全性の向上にも大きく貢献します。

CASVAN キャスバン カーボン系 複合素材


ページTOPへ戻る




キャスバン®の用途

高炉製鉄所・電気炉製鉄所
自動車メーカー
石油コンビナート
火力発電所 他

消防防火服・活動服
他 耐熱・耐炎防護装備品


ページTOPへ戻る