TOPページ > レポート > 消防団レポート > 横浜消防出初式2015レポート

横浜消防出初式2015

平成27年1月11日(日)。出初日和とも言うべき快晴のもと今年も「横浜消防出初式2015」が開催されました。年頭にあたり市民の方々に安全・安心を実感してもらうために「集い 学び 楽しめる 安全安心フェスティバル」をテーマに掲げるこのイベントには、回を重ねるごとに来場者が増えており、今年は78,000人(主催者調べ)の市民の方々が訪れ賑わいをみせました。
横浜消防出初式は午前の第一部と午後の第二部にわかれており、第一部では林市長の挨拶などによるオープニングセレモニーからはじまり、古式ゆかしい消防演技、消防音楽隊によるドリル演技、そして消防総合訓練と一斉放水が行われます。第二部では来場者の皆様に参加してもらえるよう、和太鼓の演奏からはじまりトークショーなど子どもから大人まで家族で楽しめる内容が盛りだくさんです。
横浜消防出初式2015
横浜消防出初式2015
11:00、オープニングセレモニーがはじまり、横浜市林市長の年頭挨拶が終了して間もなく、会場には木遣りの声が高らかに響き渡りました。その声をバックに重さ15kgの纏振込みが入場し、横浜市鳶工業連合会による古式消防演技「はしご乗り」がはじまります。高さ約6.5m(三間半)幅約48cm(一尺六寸)のはしごの上で披露する演技は圧巻そのもので息をのみます。
一連の古式消防演技が終わると次に聞こえてきたのは、消防音楽隊によるドラムの音です。横浜消防音楽隊が今年初めての演奏を披露します。一糸乱れぬ「ポートエンジェルス119(いちいちきゅう)」のドリル演技が華を添え、その機敏なキレのある動きと統率力に今年も圧倒されました。
緊張感あふれるドリル演技が終わり、メンバーが笑顔で手を振り退場すると、ほどなくして消防総合訓練がはじまりました。先遣隊のバイクが2台と警察の白バイが走りこみます。ここからは特別救助隊スーパーレンジャーや神奈川県警察、そして救急医療機関Y−MATの連携により、実際の救助活動や消火活動そして救急活動などを間近で見ることができます。

横浜消防出初式2015
横浜消防出初式2015
横浜消防出初式2015
平成26年度緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

そして最後に第一部の締めくくり一斉放水がはじまります。海には消防艇が姿をみせ、海を挟んで向こう岸には消防団員が一列にならび一斉放水をくりひろげます。会場側の岸にも待機していた消防団員が一斉放水に入ります。再度、消防艇が水を豪快に撒き、両岸の消防団員が一斉放水をすると虹があらわれた。そのそばをヘリコプターが舞ったところで第一部は終了となりました。

横浜消防出初式2015