TOPページ > レポート > 出展レポート > 「平成26年度QMフェア」出展レポート

平成26年度QMフェア

需品器材等の過去・現在・未来をテーマに開催されたQMフェア

平成26年11月26日(水)。松戸駐屯地にある陸上自衛隊需品学校(厚生センター)において、「需品器材等の過去・現在・未来」をテーマに『平成26年度QMフェア』が開催されました。この「QMフェア」は、最新の技術動向等を把握し、需品課職種の研究に反映するとともに、需品関連企業との情報共有及び連携強化を図ることを目的としています。そのQMフェアに赤城工業は今年も出展させていただきました。今年はGORE-TEXRファブリクス使用のパーカーや防水靴下、WINDSTOPPERRファブリクスを使用したネックウォーマーなどを展開している「AK-productsDEVARシリーズ」と、高耐炎・耐熱素材「CASVANR」を紹介いたしました。

当日は冷たい雨が降っていましたが、沢山の来場者が訪れ賑わいをみせていました。弊社のブースにも多数の方にご来場いただきました。

展示した「AK-productsDEVARシリーズ」の中では、薄くて軽くしかも暖かいWINDSTOPPERRファブリクス使用のネックウォーマー(開閉式)が多数の方に興味を示していただく一方、GORE-TEXRファブリクス使用の防水靴下「ブーツライナー」は実際に水に浸しその防水性能を実感してもらいました。現在は防水仕様の編上靴が支給されていますが、それまでは防水性能がない編上靴だった為、このブーツライナーは隊員の中では欠かせない装備品のひとつでした。そのため実際に使用していた方も多く、進化した現在の製品を手にとりその性能を確認している方も多数いらっしゃいました。
また高耐炎・耐熱素材「CASVANR」の燃焼実験をDVDにて上映し、多くの方にその素材自体がもつ圧倒的な安全性・活動性・快適性に深い興味を持っていただきました。

赤城工業が自信を持ってお届けする「AK-productsDEVAR」と「CASVANR」をこのQMフェアでご紹介でき、実際に手にとって実感していただけたことを大変うれしく思っております。たくさんの貴重なご意見等をいただき、誠にありがとうございました。

平成26年度QMフェア